So-net無料ブログ作成

2月12日 血液検査 [猫・・・金曜日はにゃんこの日]

日本に猫を連れて帰るには 2年に一度 狂犬病の抗体があるかの
血液検査をしなくてはいけません。


●第1関門 採血
シンガポールでは 麻酔をかけて 採血をしたのですが
http://ka-ru.blog.so-net.ne.jp/2005-09-30
ここインドでは・・・・ど・どうするんだろう・・・

この犬ばかりの国で 猫はだいじょうぶかな~?と不安に思いながらも
郊外の獣医大学付属の病院に行くと

”OK OK no Ploblem!”との お返事

はい みごと 問題なしでした。
猫たちはあばれて逃げ回るので ドアの閉まる部屋をリクエストしたのですが
P1140831.JPG
しっかり 3人で 補てい すると ぴくり とも動かず 細い腕に
翼状針つきのチューブをさして 注射器でひっぱり
みごとに 5mlの血液を抜いてくれました。
P1140830.JPG

●第2関門 遠心分離
日本では その場で遠心分離機にかけ すぐ 血清をもらったのですが
ここ インドでは 2時間放置して分離するとのこと
P1140841.JPG
それまで狭いケージに猫をいれておくのは ちょっと忍びなく
一度家に連れて帰り 3時間後に保冷バックを持ってとりにいきました。

●第3関門 日本へ輸送
採取した血清は 家の冷蔵庫で 保管したあと
夫の出張時に 日本に持っていってもらうのですが

保冷剤をつけて機内持ち込みはできないので
スーツケースがなくならないことを願いながら 預けてもらいました。

ところが バンコクでの乗り継ぎ時間は2時間半しかないのに
いきなり バンガロール発が 2時間遅れとの連絡が

え? もしかして 荷物が間に合わない?
暑いバンコクで 次の日まで 保管されてしまったらと
もう 成田の夫から 連絡が入るまで ひやひやでした。

幸い 夫も荷物も無事 乗り換えに間に合って ラッキー。
血清は 成田から クール宅急便で 生物科学安全研究所へ Go

●第4関門 検査結果
抗体価が 0,5IU 以上ないと また ワクチンをして 採血をしてと はじめからやり直しです。

今まで 年に1回 きちんとワクチンを打っているのですが
インドのワクチンは 薄いとか 効かないとか 根拠のない噂もあるので
今日 結果を受け取るまで ドッキドキでしたが
”2頭とも問題ございません” とのお返事で うれし~い




インドのプロフェッショナルは ほんと すばらしい
麻酔などしなくても バリカンがなくても 遠心分離機がなくても
ちゃーんと 仕事をしてくれました。
CIMG3084.JPG
2匹とも 毛を ハサミできれいに 刈られ こんな腕になってます。

この小さい 体から 5mlも採血できるのかと思いましたが
獣医さんの話では体重1キロ当たり 10mlまでOKとか
え~なら ちゃおさんは50mlもとれるんだ。( 体重が 5キロあるんです・・・)

そういえば 動物実験をしていた頃 うさぎから 30mlくらい採血してたわ!
あの白い毛を ハサミで刈ると きれいな 赤い血管が見えて
なんか いろんなことを 思い出すう



nice!(0)  コメント(6) 

nice! 0

コメント 6

みさこの

おめでとう!
私も上海での血清用採血にドキドキでしたが、昨今のペットブームで国立動物病院でも慣れたもんでした。
シンガポールで毎回眠らされてた梅吉も、なんも問題もなく採れて楽ちんでした。
成田からはクール宅急便があるのね。
羽田はなかったから、家に持ち帰って翌日送ったのだ。
抗体はね、23IUもあったの。
これって逆に「狂犬病保持猫」にされないかとびっくりだったわ。
予防接種のあと2週間おくと抗体が上がるってのが証明されました。
by みさこの (2010-02-15 13:47) 

ka-ru

★みさこのさん
ありがとう~!梅ちゃんもよかったね!
今回の採血を最後に 帰国したいもんだわ。
そして シンガポールはやっぱり人工的な国だったなあって つくづく思います。
やっぱり薬は体に負担がかかりそうで 避けれてよかったです。

クール宅急便は最初血清と言って断られ、次に検体でも断られ、3件目に食品と言って 送ってもらったそうです。ふふふ
羽田便があるなんて 上海いいなあ・・・連れて帰る時も近くてうらやましいよ。

抗体価はおーら30、ちゃおさん92もあったよ!体格に比例する???
我が家は毎年6月に予防注射してるけど ぜんぜん1年以上たってもよさそうだよね。


by ka-ru (2010-02-15 23:24) 

む

猫連れ共通の話題ですね~。
本当にこればっかりは、、、うちも昨年3回目の採血をしました。ナナが病院の奥の方に連れて行かれてなかなか出てこなかったのでハラハラしましたが、なんとか無事採血、そして抗体も大丈夫でした。
海外じゃなかったらこんな負担はいらないのにっていつも申し訳なく思ってしまいます。。。
クール宅急便を使う場合「食品」と言わなければいけないのですね~。(笑)
参考になりましたー。
by む (2010-02-17 00:11) 

ka-ru

★む さん
2年に1回は負担だよね~こんなに抗体価あるんだから 一度検査すれば あとはワクチンを有効期間内に打ち続けるだけにしてくれるといいのに。
ナナちゃん 一人で奥に連れて行かれたら心細かったね。そしてもう3回目とは・・・時は速い!
最近は日本からシンガポールに入国するのに1か月の検疫がいらなくなったようなので シンガポールも指定地域になるといいね。
インドは絶対無理だろうけど・・・
’02年に 英国に送った時は 普通の郵便でOK だったので めちゃくちゃクールにこだわることもないのだけど まあ 扱ってくれたので よかったです。
研究所にも”食品”となっていますと 電話をいれたら わかりましたって言ってくれましたよ。
by ka-ru (2010-02-17 00:39) 

みさこの

なぬ? 日本からの入国に検疫なし???
中国からはダメだろうなぁ。
もし香港に転勤になったら、4か月だそうです。
次の飛行機は日本行きが猫にとっては良いなぁ。
by みさこの (2010-02-20 09:28) 

ka-ru

★みさこのさん
去年の秋に日本からシンガへ猫を連れていった方から直接聞いたので 間違いないです!
日本も 英国と同じペットトラベルスキームを導入して 5年近くたつから 狂犬病のない国として認めてもらえたのでしょうね~
香港は4か月なの?!それは びっくり ちょっと連れて行くの躊躇しちゃうよね。お互い次は日本に帰れるといいね♪
by ka-ru (2010-02-22 01:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。